遺骨の保管

【粉骨・散骨】お金をかけずに遺骨を処分する方法、費用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お金をかけずに遺骨を処分

「遺骨の処分」という言葉には、とても冷たい、罰当たりな、という印象を受けられる方もいらっしゃるかもしれません。

故人の在りし日を偲んで、お墓や納骨堂に遺骨を納める「供養」が一般的とされていますが、以下のような、様々な理由により、遺骨の処分を必要とする方がいることも事実です。

・お墓を建てる経済的な余裕がない。

・疎遠な親族の遺骨を引き取ることになって悩んでいる。

・故人の遺志によりお墓は作らないでほしいと言われた。

・お墓を作っても以後の墓守がいない。

遺骨を捨てるのはダメ。遺棄は犯罪です。

「遺骨がコインロッカーに入れられたままになっていた」「遺骨が電車内に置き去りにされていた」などのニュースを耳にします。

いくらお墓を建てるお金がなくても、たとえ疎遠な間柄の方のご遺骨だったとしても、どこか公共の施設に置き去りにしたり、勝手に捨てたりすると、刑法第190条・死体損壊等の罪に問われ、法律違反になります。

刑法第190条には「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。」と明記されています。

遺骨を遺棄することは絶対にいけません。

どこかに置き去りにされたり、遺棄されたのち誰かに発見されたりして事件となれば、故人も望まない悲しい結果ではないでしょうか。

誤解を恐れずに言うならば、きちんと正しい方法で遺骨を「処分」すると言うことは、敬意を払ったご遺骨の扱い方であり、お骨を遺された方のためにもなるのです。

妻の遺骨をスーパーのトイレに捨てた男性

以前、とあるスーパーのトイレに遺骨が遺棄されていたという事件が起きました。

遺骨の遺棄が事件化され報道されたことにより、テレビでそのことを知った、ひとりの男性が警察署に自首し、逮捕の結果、書類送検されました。

遺棄された遺骨は、その男性の妻の遺骨でした。

「妻が憎かった。」

と、遺棄の動機を語った男性。お墓を作ってあげることすらしたくないと、生前二人の関係には憎悪を生み出す何かがあったのかもしれません。

ただ、いくら憎んでいたとしても、妻の遺骨を遺棄したら、それは犯罪となってしまいます。

例えお墓を作ってあげる気はなかったとしても、正しく処分する方法をしっていればこの男性は犯罪者になることはなかったことでしょう。

遺骨のその後、処分にかかる費用や方法は

それでは、法に触れることなく、キチンと遺骨を処分する方法は、どのような方法でしょうか。

処分にかかる費用についてもご紹介をします。

1番費用を安くするなら、自分で粉骨して散骨

自分自身の手で遺骨を粉骨し、散骨することは、1番費用を抑えて遺骨を処分する方法です。違法性はありません。

ただし、下記のような条件を守ることが必要です。

・遺骨は2mm以下になるよう細かく粉骨すること

・散骨の際は節度を守り、場所を選んで散骨をすること

人骨だとわかるくらいに形が残っている状態で散骨をすることは「遺骨遺棄罪」に触れる可能性があり、第三者に発見した場合には事件にも発展しかねません。

誰が見ても遺骨だとわからないくらい細かく粉骨をして散骨をすることが必須となります。

自分で粉骨する方法→リンク

また、散骨をする場所も節度を守って決めなければいけません。

「散骨」と言われると、多くの方が「海洋散骨」をイメージされるのではないでしょうか。散骨には、海洋や山中、空や宇宙に散骨するなどの方法も現代ではあります。

多くの方は海洋散骨を選択されますが、その際にも、たくさんの人が集まっている海水浴場や養殖場のそばなどは避けるようにしましょう。

ご覧になった方が気分を害されてしまったり、養殖している海産物に影響が出たと賠償を求められる場合もあります。

山中散骨の場合は、土に埋めてはいけません。墓地埋葬法に触れてしまうため、あくまで土の上に撒くようにしましょう。

自分で粉骨、散骨をすることでかかる費用は、粉骨の際にあったほうが良い道具や散骨場所までの交通費くらいでしょう。

粉骨から散骨までご自身で行うことは、他のご供養の方法に比べて1番費用がかからない方法です。

散骨代行の業者に依頼する

「いくら安いといっても、さすがに自分で骨を砕いたり、散骨したりするのは抵抗がある・・・」

という声も少なくありません。

そういった方のニーズに応えられるよう、粉骨・散骨代行業者が存在します。

代行の業者に依頼をすることで、2万円前後で粉骨から散骨までを遺族の代わりに執り行います。

船をチャーターして散骨する

粉骨後の遺骨を沖に出て散骨するために、船をチャーターして散骨を行うという方法もあります。

ただし、船のチャーターには数万円~数十万円の費用がかかります。

思い入れのある海で海洋散骨をされたい場合に利用される方もいらっしゃいますし、遺族の方が立ち会って海洋散骨ができるプランを準備している散骨業者もありますので、沖に出て海洋散骨をされたい場合には利用されると良いかと思います。

永代供養の墓に納骨する

「後代に墓守がいない」という場合には、近年増えている永代供養のお墓や納骨堂にお骨を納める場合もあります。お骨を納める際にのみ費用がかかり、数万円~数十万円と、個々のお墓の区画を購入し個別に墓石を建てるよりも費用は抑えられます。

樹木葬

樹木葬とは、遺骨を樹木の周りに埋葬し、墓標の代わりのような役割として植樹を行う供養の方法です。

樹木葬を執り行うには、各市町村で許可を得ている業者に依頼します。

木の下(土の中)に埋めるということですから、許可を得ていない一般家庭の方が、たとえ私有地だったとしてもお骨を土の中に埋葬してしまうと、墓地埋葬法に抵触し法律違反となります。

必ず樹木葬を執り行う業者に依頼するようにしましょう。

費用は場所にもよりますが、埋葬料が数万円、永代使用料が5万円~200万円くらいです。

人気の場所は費用も高くなる傾向があるようです。

そのほか、樹木のところにある石碑に名前を掘るなどのオプションが準備されている場合もあり、オプションを利用するのであればさらに数万円がかかります。

お墓を建てる

お墓を建てることは、供養の中でも特に費用がかかる方法です。

一般的に、お墓を建てるには

・永代使用料

・墓石代

・管理費

がかかります。永代使用料とは、お寺の中でかかる場所代です。墓石を建てる区画の使用料となります。

墓石代は、実際の墓石の値段、管理費は定期的にお寺に納める、墓石の維持にかかる費用です。

永代使用料や管理費は、各寺院によりさまざまです。

また、墓石は国内産の墓石か海外製か、デザインなどにより大きく価格に幅があります。

お墓を建てるすべての費用を合わせると、平均で150万円くらいかかる方が多いようです。

「遺骨はいらないのですが」  という実際の悩みの声

悲しい話ではありますが、生前の故人との様々な複雑な関係により、

「遺骨はいらないけれどどうしたらよいのか」

と悩まれる方が実際にいらっしゃいます。

疎遠な親戚の骨を受け取った

「最近になって、実は会ったこともない親戚がいることを知った。その親戚には身寄りが無く亡くなったらしい。いくら親戚だからと言って、お骨を受け取らなければいけませんか?」

「親が亡くなりましたが、何十年も前に家を出て行ってそれっきり。私達家族はそのあとの生活にとても苦労した。亡くなったときでも親はお金も残してくれていないのに、子供ならいくら疎遠な親でも、墓を何百万もかけて建ててあげなくてはいけないの?」

人ひとりが生きていく中で関わってくるさまざまな人間関係。

皆が盆正月には親戚一同集まって、にぎやかに過ごしてきているわけではありません。

また、誰しもが最期は子供や孫に囲まれて幸せな最期を迎えるというわけでもありません。

いろいろな事情で、血縁があるかたとも疎遠に暮らされてこられた方もいらっしゃるでしょう。

自分が亡くなったときのために、お骨を託される親族に負担をかけたくないとお金を残してあげたい気持ちがあれど、実際には生前の生活にいっぱいいっぱいで十分にお金を残せない場合もあるでしょう。

疎遠な親族の遺骨でも、故人となった今、様々な事情を汲んで遺族ができる限りでの供養をしてさしあげる中で、「遺骨の正しい処分」というのも、1つの方法なのかもしれません。

生前にお墓はいらないと話していた

個人が生前に「お墓はいらない」と意思を伝えてくださっている場合もあるでしょう。

個々の墓石はいらないとしても、合同供養塔で永代供養をしてもらう方法や、樹木葬、散骨など、さまざまな供養の方法があります。

生前の元気なうちに、どのような供養の方法を望まれるのか伺えれば尚よいですが、故人の遺志が不明な場合は、遺された遺族がどのように供養をしたいかの気持ちを大切に、また、お金のかかることですから、各供養の方法でかかる費用を十分に検討して、できる限りの供養をして差し上げるとよいのではないでしょうか。

火葬場にて遺骨は受け取らないは可能か

遺骨をそのまま火葬場に預けて「受け取らない」という選択は可能なのでしょうか。

結論から言うと、火葬する前に事前に確認をとれば可能な場合もあります。

ただし、ほとんどの火葬場ではお骨を遺族に返すことを基本にしていますので、事前に”遺骨を受け取らない”と言う希望を葬儀社や火葬場に伝えて確認をとることが必要です。

「遺骨は遺族が抱いて火葬場を出る」ということがまだまだ一般的である現代で、一見忍びない方法かと印象を受けてしまう場合もあるかと思いますが、実際に「お骨を管理できない」「お墓も建てられない」という遺族の事情により、そのような選択を望まれる方もいらっしゃいます。

火葬場や葬儀社によっては、遺骨を引き取ってくれる場合もあるようですが、引き取り可能か、その時にかかる費用、引き取った際はどのように処分されるのかも聞いたうえで、遺族の方が納得されてから利用した方が良いでしょう。

火葬場でお骨を完全に焼き切ってしまい、完全な灰にして火葬場で引き取ってもらう「ゼロ葬」という言葉も生まれています。

もちろん、あとから望んでも遺骨が戻ってくることはありません。

遺骨を分骨するという選択

成人の場合の遺骨の量は、東日本では一般的に7寸という高さ 約25cm、  直径約 22cmほどの大きな骨壺に納められる場合が多いです。

散骨や樹木葬、墓地への埋葬など、さまざまなご供養の方法がありますが、その際に遺骨を分骨して手元にとっておかれるかたもいらっしゃいます。

特に、親しい間柄だった方が亡くなられた際に、お骨を一部だけ分けて保管しておく『分骨』という選択を取られる方が多いです。

近年では、ペットの場合でも歯や爪を大切に分骨され、形見として取っておかれる方もたくさんいらっしゃいます。

分骨は良くない?そんなことはありません。

「分骨は良くないのでは?生まれ変わったときに五体満足にならないのでは?」

と心配する声も多く聞かれますが、そんなことはありません。

お骨に対する考え方は、様々な宗教観によっても異なりますが、分骨自体を禁じる法律はありません。

仏教的な考え方になりますが、お釈迦様のお骨は仏舎利と言い、世界各地の仏教徒の間で分骨をされています。

また、分骨をしたお骨を自宅で供養することを『手元供養』と呼び、立派な供養の仕方の一つです。

手元供養という選択肢

「大きい骨壺に入ったお骨をいつまでも自宅で供養するのはむずかしいけれど、少しの遺骨なら手元に置いておける。」

というお気持ちの方もたくさんいらっしゃり、一部のお骨をのみ取り分けて自宅で供養することを「手元供養」と言います。

遺骨を少量だけ分骨して、残りは散骨するというのも選択肢の一つです。

形見として何も残らないわけではないけれど、大きな骨壷の置き場所に困るということもない。

手元供養はとてもちょうど良い供養の仕方なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

コメントを残す

*