遺骨の保管

お骨は誰に所有権があるの?祭祀継承者とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
遺骨の所有権 祭祀継承者

遺骨の所有権は「祭祀継承者(さいしけいしょうしゃ)」にあるとされています。

散骨できるの人はこの遺骨を所有する祭祀継承者ということになります。

聞きなれない言葉ですが簡単に言うと、祭祀承継者とは、家系図やお墓、仏壇等を管理する人のことです。

祭祀継承者となった人は家系図やお墓、仏壇等の管理に加え遺骨の管理する権利も与えられます。

遺骨を管理する権利があるということは遺骨をお墓から出したり、散骨すると言った遺骨の扱いを決定することができるということになります。

では、この祭祀継承者はどのようにして引き継がれるのでしょう。

民法897条 祭祀に関する権利の承継

・系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定(相続の一般的な規定)にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

・前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

遺骨の所有者は、喪主でしょうか?

喪主が遺骨の所有者(祭祀継承者)である場合は多いですが、喪主がいない場合もあります。

喪主とは、葬儀を主催する人であり、葬儀を行わない直葬をされた方の場合は喪主を立てる必要がありません。

よって、遺骨の所有者は必ずしも喪主であるとは限りません。

遺骨の所有者(祭祀継承者)はどうやって決まる?

上記の祭祀に関する権利の承継を簡単にいうと、

まず、故人の遺言書や意向があった場合故人に指定された方が、お骨やお墓の所有権を持ちます。

特に故人の指定がなかった場合遺族が話し合って祭祀継承者を決めます。

また、遺族の協議で決まらない場合家庭裁判所による裁判で所有者が決まります。

散骨できる人はだれ?

故人のご家族が遺骨を散骨することは全く問題ありません。

厳密に言えば、祭祀継承者である方に遺骨の所有権があるため、散骨する場合にはその方の許可が必要となります。

許可を得れば、代理人である散骨代行業者や他の方でも散骨をすることができます。

遺族間で故人の遺骨の扱い方に意見の相違がある場合には

後で揉める原因とならないためにも話し合って決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

コメントを残す

*