海洋散骨

自分で散骨するのは可能?

自分で散骨するは可能?

散骨を全て自分自身で行うことはできるのでしょうか。実際にセルフ散骨を実施される方はいらしゃいます。
ただ、粉骨ために必要な道具を自身で用意したり、時間や労力はそれなりにかかります。また誰でも、どこにでも散骨していいわけではありません。
しっかりと散骨のルールを学べば、自分で適切に散骨を実施することもできるでしょう。散骨を自分でする際の参考にしてみてください。

自分で散骨を行えば費用はタダ

散骨にかかる全てを自分で行えば費用は0円で散骨が行えます。

一度 『散骨 チャーター』などで相場を確認してみてください。散骨のために、船をチャーターすれば数10〜50万円程度の費用がかかります。
 

知人や漁師の方のツテがある方はお願いして散骨の際に一緒に船に乗せてもらうという方法があります。

また、サーファーの方であればボードに乗って思い出のスポットに自ら行って散骨するということも可能かもしれません。

 

『自分が亡くなったら遺骨は山に撒いて欲しい』と子供達に散骨を託した方もいらっしゃいます。
山登りが得意な方であれば、自分で山に登って散骨することももちろん可能です。

 

ただ、人目を避けて散骨するためにと、山道を外れて山中の奥に入って行くのは大変危険です。
遺骨の全量を撒くには数カ所に分散させて散骨をすることになるので、
十分な計画と準備を整えてから実施するべきです。

海、山どちらの場合においても他の方に迷惑をかけないようにと、人目を避けて散骨されることになるかと思いますが、
慣れない海や山にはいって事故にあわないようにしましょう。

海洋散骨するには沖に出ないとだめなの?

フェリー 散骨そもそも散骨そのものに対する法律が存在していません。
自治体による条例がある地域はあります。

散骨のルールを自主的に定めている業者はありますが、

ほとんどの海洋散骨業者が沖に出て散骨するのは、他の方に迷惑や不快感を与えないように十分配慮しているいう理由からです。

他の方に配慮するということに注意すれば、岬や海岸から散骨することが絶対にダメというわけではありません。

ただし粉骨は必ず行いましょう!

散骨する場合、粉骨は必ず行うようにしてください。これは法律で決まっているわけではありませんが、そのままの状態の遺骨を撒くのはやめましょう。

場合によっては遺骨を遺棄していると勘違いされて事件性を問われる可能性もあり得ます。
遺骨をパウダー状にしてから散骨すればそういった心配をしなくて済みます。

業者に依頼すると機械やすり鉢などを用いて非常に細かいパウダー状になるまで粉骨を行なってくれます。粉骨だけの費用は1−3万円程度が相場です。

粉骨を自分で行う場合は、遺骨が飛び散らないような場所を自宅で用意して手作業で粉骨することになりますが、遺骨量が多い場合は早くても5−6時間をかけてすり潰していくことになります。自身で粉骨するための方法でも書いていますが、相当な体力が必要な作業となります。

また、自宅で遺骨をすり潰している自分をイメージすると、精神的にとても自分ではできないという方がほとんどです。現実的には粉骨だけは業者にお願いするという方が多いです。

旅をしながら自分で散骨を行う人も

散骨を目的に旅をするという方は少なからずいらっしゃいます。
いつも家族でキャンピングカーで旅行に行くのが趣味だったお父様。
先立たれた妻と娘さんがお父様のご遺骨を持って、楽しかった思い出のある地を巡り、少しづつ遺骨を散骨されたという方もいらっしゃいます。

また、故人様が生前行きたいと話していた地へ散骨をしてあげるという方もいます。

キャンプ 散骨
旅を通して故人様との思い出を偲びながら気持ちの整理をされるのもまた良いのかもしれません。

カノンの粉骨・海洋散骨

カノンではどこよりも良い粉骨・海洋散骨のサービスを追求しています。


022-200-2928


全骨どこからでも送料無料でご遺骨をご郵送いただけます。


もちろん、ご自身でお持ち込み頂くこともできます(宮城県仙台市)。仙台駅から電車で5分のアクセスです。


大切なご遺骨です。納得して預けられる会社を探してみましょう。


カノンの粉骨・散骨サービスを見る

コメントを残す

*